【アナハイム共同】米大リーグは25日、各地で行われ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は延長十六回の長時間試合となったアナハイムでのオリオールズ戦に「3番・指名打者」でフル出場し、5打数無安打、3四死球1三振1盗塁だった。チームは8-10で敗れ、連勝は4で止まった。

 日付はとっくに変わり、エンゼルスの大谷がメジャーで初めて迎えた8打席目だった。5-8の延長十五回、トラウトの2点二塁打などで追い付き、なお2死二塁。一打サヨナラの好機だったが左邪飛に打ち取られた。

 まだ日が沈む前の一、三回に四死球で出塁したが、その後は凡退が続いた。十一回には四球で出塁し盗塁も決めたが、得点にはつながらなかった。左方向へ打ち上げる打球が目立ち、最後まで快音は聞かれなかった。