【南部九州総体取材班】全国高校総合体育大会(インターハイ)は26日、沖縄県の金武町フットボールセンターなどで4競技が行われ、県勢はサッカー男子の専大北上が1回戦で大社(島根)に3-2で競り勝ち、初陣を飾った。

 ソフトテニス男子個人は盛岡工の2ペアが3回戦に進出したのが最高だった。相撲個人は平舘勢が予選で敗退した。

 27日は鹿児島市の鹿児島アリーナで総合開会式が行われ、本県はバスケットボール男子・一関工の選手らが参加する。