第101回全国高校野球選手権岩手大会第11日は24日、盛岡市の県営球場で準決勝2試合が行われ、花巻東と大船渡が決勝へ進出した。

 第1試合は夏連覇を狙う第1シード花巻東が11―5で黒沢尻工を下した。第2試合は公式戦高校最速160キロをマークした佐々木朗希(3年)を擁する大船渡が一関工を5―0で退けた。

 最終日の25日は午後1時から同球場で決勝が行われる。