21、22の両日に行われた滝沢市の参院選と市議選の開票作業で、職員が比例代表の疑問票の確認に手間取るなど、開票結果の発表が予定から最大約2時間遅れた。パソコンの不具合や、不在者投票の集計ミスも発生。最終の市議選の結果発表は22日午前4時を回った。当落判明を待った市民は長い待ち時間にくたびれ、市に迅速な作業に向けた検証を求めている。

 同市は参院選岩手選挙区と比例代表、市議選の開票作業を展開。市選管は当初、同2時半に最終の市議選の当落発表を予定していた。市選管は比例代表の疑問票の判定を遅れの主要因として説明。過去よりも数人多い最大15人ほどで審査したが、立候補していない人の名前や名字だけの表記、略称や字句の間違いなどの確認に手を焼いた。

 さらにパソコン2台の不具合で得票数などを記録する開票録を印刷できなくなり、手書きで作成。確定から発表までの時間を15分ほどと見込んでいたが、約30分を要した。予備のパソコンは用意していなかった。

 比例代表は予定から約2時間遅れの同3時半ごろ発表。参院選後発表の市議選は約1時間40分遅れの同4時12分となった。開票開始時刻は「開票所まで遠い投票所がある」として、21日午後9時20分と県内で最も遅く設定していた。

 また不在者投票の集計ミスで投票者数を1人少なく県選管に報告。作業遅れによる職員58人分の「残業代」は、市の概算で計30万円程度とみられる。

 雫石町も参院選の不在者投票で集計漏れがあり、同町議選でもデータ入力誤りから投票者数と投票率を修正した。