【米シアトルで本紙特派員・斎藤孟】米大リーグ、マリナーズの菊池雄星(28)とエンゼルスの大谷翔平(25)=ともに花巻東高=は21日(日本時間22日)、シアトルのTモバイルパークでメジャー3度目の対決に臨んだ。第3打席に大谷が二塁打を放ち、「岩手対決」は3打数1安打だった。

 菊池が大谷を見逃し三振、二ゴロに抑え、第3打席に左中間二塁打を許した。この日は5回を投げ、2本塁打を含む9安打を許して7失点、3三振1四球で7敗目(4勝)を喫した。試合は9-3でエンゼルスが勝利した。

 両球団のレギュラーシーズンの対戦はこの日が最後。花巻東高出身の両者は計3試合で7打数3安打、1本塁打、1四球、2三振と白熱の勝負を繰り広げた。投手・大谷の復活が見込まれる来季は投げ合いによる岩手対決に期待が高まる。

 今季の直接対決を終え、菊池は「この経験を生かしたい」と巻き返しを誓った。大谷は「どっちが勝った負けたではなくて(対決の)機会はたくさんあると思うので頑張りたい」と決意を新たにした。両球団の対戦は来季も19試合が見込まれ、県人メジャーリーガーによる名勝負は続いていく。