一関市千厩町の未来を地元女性が語り合う「千厩100人女子会」が、JR千厩駅前を対象に実施する「駅前のにぎわいづくり社会実験(通称・駅プロ)」は21日始まった。駅前の空き店舗などを改装し、学びと憩いの空間や、レンタルスペースを新たに設置。同日は開始セレモニーなどが開かれ、女性の目線で描く新たな千厩の一歩を踏み出した。

 セレモニーには地元住民ら約50人が参加。同女子会共同代表の北田文人千厩まちづくり会社社長が「千厩女子のパワーを生かし、千厩の活性化に取り組みたい」とあいさつ。未来に向けて大きく夢を膨らまそうと、全員でシャボン玉を飛ばした。

 実験を行う同駅前の周辺エリアを「S×PLAZA(エスプラザ)」と命名。このうちブックマートせんまや2階には子どもたちが勉強したり、迎えを待つ学びと憩いの空間「S×CROSS(エスクロス)」を開設、旧ワールドレコードの空き店舗は改装してレンタルスペース「S×WORLD(エスワールド)」としてオープンさせた。

誰でも気軽に使えるレンタルスペースとして貸し出す「S×WORLD」

 社会実験は9月22日まで。エスクロスの利用時間は午後1時~同8時(不定休)で無料。エスワールドのレンタル料(3~4時間)は会合など一般利用なら500円、チャレンジショップ開設なら千円。

 問い合わせは同女子会事務局(0191・53・2070。月曜除く)へ。