デジタル技術とアートの融合が見る人を不思議な世界にいざなう「魔法の美術館-光と遊ぶ超体感型ミュージアム」(盛岡市文化振興事業団、岩手日報社、IBC岩手放送主催、カガヤ特別協賛)は20日、同市盛岡駅西通の市民文化ホール(マリオス)展示ホールで開幕する。

 個人、グループで活動する8組の14作品を展示。歩行者に反応して色や光で彩られる小道や、参加者の姿をアートに変える仕掛け、自分の影と映像が一つの絵のように壁面に映し出される作品など、これまでにない芸術表現を楽しめる。

 9月8日まで。午前10時~午後5時(入場は同4時半まで)。8月12日を除く月曜休館。入場料は一般・大学生800円(当日千円)、3歳以上高校生まで500円(同800円)。問い合わせは岩手日報社事業部(019・653・4121)へ。