県教委は16日、生徒に「おまえたちが教育を受けるのは税金の無駄遣いだ」などと暴言を吐き、資料集で生徒をたたく体罰を加えた、沿岸南部教育事務所管内の県立高の40代男性教諭を減給1カ月(10分の1)の懲戒処分とした。

 県教委によると、男性教諭は3月、授業の冒頭で前列にいた生徒1人に、容姿に関する配慮に欠ける言葉を一方的に発言。傷ついた生徒の態度を「ふてくされている」と受け止め、教室にいた約30人に向かい「税金の無駄遣い」「学校に来る資格がない」などと20分にわたって怒鳴った。

 生徒が次の授業を欠席したため、担任が校内を捜して発見し事情を知った。

 学校は、教諭が授業を担当する当時の1、2年生にアンケートを実施。2017~18年度に、男子生徒計9人に対し「ばか」「むかつく」などの暴言や居眠りをしていた生徒をたたくなどの体罰が分かった。