大相撲名古屋場所10日目(16日・ドルフィンズアリーナ)盛岡市出身で西前頭11枚目の錦木(伊勢ノ海部屋、盛岡・米内中)は、西14枚目の炎鵬に寄り切られて3勝7敗となり、勝ち越しへ後がなくなった。

 錦木は強引に出たが攻めきれず、炎鵬に潜り込まれる。前まわしを許して後退。小手投げで残そうとしたが、寄り切られた。

 9日目は東16枚目の琴勇輝に突き出しで敗れた。錦木はもろ手突きの琴勇輝に上体を起こされて劣勢。その後も突き、押しをまともに浴び、突き出された。

 11日目は西16枚目の照強と対戦する。