二戸市の福岡高3年の大崎耀大(あきひろ)さんは15日、同市米沢のショッピングセンターニコア内の期日前投票所で立会人を務めた。若者世代に選挙に関心を高めてもらおうと、市選挙管理委員会が初めて高校生を選任した。

 大崎さんは5日が誕生日で、今回の参院選が初の選挙となる。市選管の呼び掛けに「貴重な機会」と立会人を受けた。

 同日は買い物客らが続々と訪れ、期日前投票を済ませた。大崎さんは「投票に来るのは高齢の方が多く、若者が少ないと実感した。選挙では、若い人の意見も尊重してくれそうな人に投票したい」と意識を高めた。