北上市の官民組織スポーツリンク北上(八重樫守民会長)は14日、同市の江釣子、長沼両地区などに残る湧水群を巡る全24清水(すず)制覇ウオークを開き、市民ら約40人が緑に囲まれた清流を満喫した。

 同市北鬼柳のえづりこ古墳公園を出発。参加者はゴールの万海(まんけ)のすずまで24カ所約8・5キロを歩き、写真を撮ったり、冷たい水に触れて涼をとるなどして楽しんだ。

 ウオークは同組織が昨年発行したガイド本「KITAKAMI OUTDOOR TOURISM(北上アウトドアツーリズム)」で紹介するコースを採用した。同市黒沢尻の主婦千田美津子さん(61)は「地元にこんなに素晴らしい景色と水があるのは知らなかった。歩きながら心が癒やされた」と和んだ。