第39回東磐井サマーコンサート(東磐井合唱連絡協議会主催)は14日、一関市藤沢町藤沢の縄文ホールで開かれた。東磐井で最大規模の合唱コンサート。愛好者らにとって1981年から続く夏の恒例行事で、参加11団体が友情の音楽を響かせた。

 老若男女さまざまな世代の東磐井地域と気仙沼市の9団体に加え、千厩高、大東高の音楽部も賛助出演し、総勢約190人がステージに立った。

 各団体は懐かしい歌謡曲やミュージカルの楽曲、混声合唱組曲などの多彩なレパートリーを伸びやかなハーモニーで披露した。最後は約70人の観衆と共に、参加者全員で合唱曲の大地讃頌(さんしょう)を高らかに歌い上げた。