2019.07.14

柔道団体、男子宮古・一27年ぶりV 県中学校総体

男子団体決勝 宮古・一-盛岡・河南 宮古・一の大将、佐々木由貴が後ろけさ固めを決める=盛岡市・県営武道館
男子団体決勝 宮古・一-盛岡・河南 宮古・一の大将、佐々木由貴が後ろけさ固めを決める=盛岡市・県営武道館

 第66回県中学校総合体育大会(県中学校総体)は13日、3日間の主会期が始まり、各地で14競技が行われた。

 柔道団体は男子の宮古・一が27年ぶり、女子は大宮(盛岡)が15年ぶりに王座に返り咲いた。

 剣道団体は花巻、ホッケーは沼宮内(岩手)がそれぞれ男女そろって優勝。

 卓球団体は男子の花巻が11年ぶり、女子は石鳥谷(花巻)が7年ぶりの栄冠をつかんだ。

 陸上は男子共通砲丸投げの高橋竜偉(盛岡・厨川3年)が14メートル75の県中学新で優勝。

 競泳は女子400メートル個人メドレーの辻山小珀(一関・磐井3年)が予選で5分0秒17の県新をマークし、全国標準記録を突破した。

◇     ◇

休刊日に速報特集 岩手日報デジタル版

 岩手日報社は新聞休刊日の16日、電子新聞「岩手日報デジタル版」で、県中学校総合体育大会の速報特集を配信します。デジタル版の登録は、岩手日報ホームページ(https://www.iwate-np.co.jp/)で受け付けています。

関連リンク