八幡平市の第31回大更ガーデンフェスティバル(実行委主催)は13日、同市大更のフーガの広場で開かれ、多彩なステージ発表や地元商店の出店などに多くの家族連れが足を運んだ。

 地元の大更小ブラスバンド部のステージ演奏で開幕。昨年は部員不足のため出演がかなわず2年ぶりの演奏で、4~6年生17人がディズニーの名曲などを会場いっぱいに響かせた。

 同フェスティバルは1989年にスタート。JR大更駅周辺の商店街を中心に、音楽や芸能、文化などを発信し地域の活性化を図るイベントとして毎年開催している。