盛岡市で初開催する盛岡国際俳句大会の実行委(会長・谷藤裕明市長)は11日、予定の4倍以上の観覧応募があることから、8月4日の本大会でパブリックビューイング(PV)を行うことを決めた。既に締め切った日本語部門の事前投句も想定を大きく上回る4967句に上った。

 PVは同市内丸の市役所で11日開いた会合で決定。同市盛岡駅西通のアイーナ「小田島組☆ほ~る」で開く本大会の予約席150席に対し、現時点で既に約600席分の応募があり、アイーナ内の別会場でのPVを企画する。

 観覧申し込みは、はがきが16日まで。公式ホームページからも可能。本会場での観覧は抽選で決める。