一関市藤沢町で8月10、11日に開催する縄文の炎・藤沢野焼祭(同実行委主催)で披露する、同市出身のプロダンサーSHUHO(しゅうほう、本名・千葉崇峰)さん(38)と市民によるダンスパフォーマンスの練習会が9、10日、同町の藤沢市民センターで開かれた。

 10日は市民ら約40人が参加。SHUHOさんは自ら振り付けしたダンスを曲を区切りながら指導し、最後は本番さながらに一人一人がポーズを決めた。千葉悠玖(はるく)君(黄海小4年)は「少しずつだけれど踊れるようになってすごく楽しい。本番までしっかり練習したい」と気合を入れていた。

 ダンスパフォーマンスは若い世代にも野焼祭に参加してもらおうと企画。練習会には2日間で藤沢中2年生52人と市民約40人が参加した。8月10日の本番は約100人が踊る。

 SHUHOさんは、ダンスの世界チャンピオンを決めるハウスダンスインターナショナルを2007、08年に連覇するなど、国際的に活躍している。