花巻市の花南地区コミュニティ会議(伊藤実会長)は9日、同市の南城中(小森田孝道校長、生徒226人)で上町家守舎の小友康広社長(36)の講演会を開いた。

 全校生徒と地域住民ら計約250人が参加。小友社長は「マルカンビル大食堂の復活とこれから」と題し、同大食堂復活の裏話や自身の事業について語った。

 約180のメニューと約500の座席がある大食堂の復活には以前のマルカン大食堂の従業員が欠かせないと考え、個別に説得したエピソードを紹介。2階に来春開設する花巻おもちゃ美術館について「今は考えるだけでは答えが出ない。リスクを下げて行動することが大切だ」と力説した。