北上市でロシア料理店を営むトロイカ(資本金500万円、高橋正(まさし)社長、従業員23人)は11日、同市上江釣子にレストランとチーズ工房を新築移転し開店する。見学、体験機能を設けるなど新たな観光拠点化を見込む。

 敷地面積約1983平方メートルで、建物は木造平屋のレストラン(面積約200平方メートル)とチーズ工房(面積約100平方メートル)を併設。同市稲瀬町の旧工房で見学の需要があったことから、新工房はガラス越しに見学できるスペースを用意した。総事業費約2億円。

 今後は、レストラン内にモッツァレラチーズ作りやピザ焼きができる体験スペースも用意する。高橋社長(69)は「今までと同じ味を提供し、より楽しんでもらえる観光スポットにしたい」と意気込む。

 工房の見学は自由。レストランは午前10時~午後7時。