ジブリの大博覧会岩手展実行委員会(岩手日報社ほか)は「ジブリの大博覧会~ナウシカからマーニーまで」を11月30日(土)から盛岡市の県立美術館で開催します。チケットは早割券を16日~8月18日、前売り券を9月2日から発売します。

 「となりのトトロ」「もののけ姫」など、数々の名作を生み出してきたスタジオジブリ。その作品には国内のみならず海外にも多くのファンがいます。

 本展では、スタジオジブリの制作資料や企画書、未公開を含む資料、ポスター・チラシなどの広告宣伝物、「紅の豚」「風立ちぬ」などに登場する空飛ぶ機械の模型など約3千点を展示。スタジオジブリ作品の魅力に迫ります。

 ◇主催 県立美術館、岩手日報社、テレビ岩手、県文化振興事業団、ジブリの大博覧会岩手展実行委員会

 ◇展示協賛 ア・ファクトリー

 ◇企画制作協力 スタジオジブリ

 ◇会期 11月30日~2020年2月16日 午前9時半~午後6時

 ※月曜日、12月30日~1月1日、14日は休館。1月13日、2月10日は開館。

 ◇会場 県立美術館・企画展示室(盛岡市本宮)

 ◇早割券 一般千円、高校・学生600円、小・中学生300円

 ※早割券はローソンのみ対応。

 ◇前売り券 一般1200円(当日1500円)、高校・学生700円(同900円)、小・中学生400円(同500円)

 ◇プレイガイド 県立美術館、県民会館、カワトク、フェザン、いわて生協、ローソン(Lコード:22996)、セブン-イレブン(セブンチケット)ほか。

岩手日報社