東京都の立教大野球部は30日、陸前高田市米崎町のグローバルキャンパス体育館で野球教室を開いた。打撃指導や質問タイムを通じて地元中学生と交流し、心身鍛錬の大切さを伝えた。

 高田高出身者3人を含む25人が訪れ、高田一中、高田東中の野球部員約40人とシャトルを使った打撃練習やシャトルラン競走で汗を流した。雨天で本格的な技術指導はできなかったが、質問タイムで学校生活の話を聞くなど交流を深めた。