エンゼルス戦で先発したマリナーズ・菊池雄星=アナハイム(報道部・山本毅撮影)

 【本紙特派員・小田野純一】米大リーグ、マリナーズ・菊池雄星(27)とエンゼルス・大谷翔平(24)は8日(日本時間9日)、メジャーで初めて直接対決した。初回の第1打席は二塁内野安打だった。

 菊池は中8日で先発登板。初回は2死まですんなり抑えたが、大谷に出塁を許し3連打などで3失点。最近2試合で大量失点を喫し、1度先発を回避したが、この日も苦しい立ち上がりとなった。

1回 大谷翔平が二塁内野安打を放つ

 大谷は3番指名打者(DH)で5試合連続先発出場。前日は4打数無安打だったが、試合前の打撃練習では快音を連発するなど好調を維持している。

 マリナーズのサービス監督は「真っすぐをしっかり投げて変化球とのコンビネーションで抑えてほしい」と話し、エンゼルスのオースマス監督は「大谷の勝利を願っている」と、指揮官2人も楽しみにしているようだ。

 試合は3-0でエンゼルスがリードしている。