盛岡市盛岡駅西通1丁目の主婦西條慶子さん(72)は同市清水町の旧石井県令邸で、油彩画の個展「一日の終わりに、小さな花に思うこと」を開いている。9日まで。

 20代から油彩画を描き始め、今回は30代から現在までおよそ40年間の作品の中から、花や風景など約50点を展示している。

 午前11時~午後5時。問い合わせは同邸(090・7322・6197)へ。