2019.06.07

盛岡大付が初戦突破 春季東北高校野球第1日

日大東北-盛岡大付 3回裏盛岡大付無死一塁、松本が右越え適時三塁打を放ち、3-0とリードを広げる。捕手弓田=きらやか
日大東北-盛岡大付 3回裏盛岡大付無死一塁、松本が右越え適時三塁打を放ち、3-0とリードを広げる。捕手弓田=きらやか

 【山形県で本社取材班】第66回春季東北地区高校野球大会は6日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで開会式を実施して開幕し、1、2回戦4試合が行われた。本県第3代表の盛岡大付は1回戦で日大東北(福島第3)を5-1で下し、2回戦に進んだ。

 盛岡大付は一回に小野寺颯斗(はやと)(3年)の内野ゴロの間に先制し、重盗で2点目を挙げた。三回は松本龍哉(1年)の適時三塁打などで2点を奪ってリードを広げた。先発木内優成(3年)は5回を1失点で乗り切り、村上琉星(同)、石井駿大朗(2年)の継投で逃げ切った。

 第2日の7日は2回戦6試合が行われ、県勢は3校が登場。第1代表の花巻東は東北学院(宮城第3)と、第2代表の盛岡四は青森山田(青森第1)と、盛岡大付は鶴岡東(山形第1)と対戦する。

 


春季東北高校野球 第1日(6月6日、山形県)

荘内銀行・日新製薬スタジアム
▽第1試合(1回戦)
 山形学院 3-10 東北学院
 [試合終了]

 
▽第2試合(2回戦)
 能代 1-8 東日大昌平
 [試合終了]
きらやかスタジアム
▽第1試合(1回戦)
 日大東北 1-5 盛岡大付
 [試合終了]

 
▽第2試合(2回戦)
 秋田中央 6-13 仙台育英
 [試合終了]

 

関連リンク