市制移行から5年が過ぎた滝沢市の掲示板に関し、読者から「自治体表記が村のままになっている」と寄せられた疑問について、滝沢市は5日、表記を「市」に修正する方針を示した。老朽化が進む約90基の現状を調べ、自治会と存廃や表示の修正内容を協議する。

 市は広報の配布などを担当する地区担当員約80人の情報提供などを基に、秋ごろまでに老朽化の程度を調べる。劣化が激しい場合は撤去する。利用できる板は、存廃と表記の具体的な修正方法を自治会と検討する予定だ。

 現在約90基の掲示板は1986年を中心に設置。表記の修正には1基数千~1万数千円の費用がかかるが、利用頻度が少ないために修繕の優先度が低く、放置状態の板もあった。