花巻市の八幡まちづくり協議会(藤沢信悦会長)などは同市石鳥谷町八幡の花巻農協石鳥谷支店そばの田んぼで、田んぼアートの田植え体験を2日行った。10年目の今年は宮沢賢治の童話「雪渡り」が題材。同町の児童や地域住民らは、楽しそうに雪遊びをする子どもとキツネの姿を想像しながら農作業に精を出した。

 八幡小、新堀小の児童と同協議会員ら約150人が参加。泥だらけになりながら、3アールの田んぼに葉の色が赤、黄、紫など6種類に色づく苗を植えた。

 八幡小4年の高野伽奈さんは「タニシを踏んだり、田んぼに足がはまって大変だったけど、とても楽しかった」と笑顔を見せた。