【東京支社】立憲民主党は4日の常任幹事会で、岩手県連の設立を承認した。県選管への届け出を経て12日に盛岡市内で記者会見を予定。県連代表には、国民民主党を離脱した盛岡市議の高橋重幸氏が就任する見通しだ。

 福山哲郎幹事長は国会内で「地方選での候補擁立のほか、県連中心に改めて党の政策、理念を広げていく。参院選では(盛岡市出身の)比例候補も擁立でき、支持を拡大していきたい」と抱負を語った。福山氏は盛岡市内での設立会見に同席する予定。

 常任幹事会では本県関係として高橋氏と陸前高田市議の及川修一氏、菅野稔氏、滝沢市議の山谷仁氏の入党を報告した。