盛岡駅前地区商店街連合会(石田和徳会長)と「きららな街」盛岡を創る会(栗谷川勝彦事務局長)は4日、盛岡市の盛岡駅周辺で、8日のチャグチャグ馬コに向けた大掃除を行った。

 市や同駅周辺の企業など約35団体から約140人が参加。好天の下、ブラシで歩道や花壇の汚れを落としたり、落ち葉や雑草を取り除いた。盛岡広域振興局土木部の主事斉藤直弥さん(21)は「作業をして細かい汚れが多いことに気がついた。きれいな街だと思ってもらえればうれしい」と汗を拭った。

 この活動はチャグチャグ馬コを目当てに訪れる観光客を気持ちよく迎えようと2005年から行っている。