【本紙特派員・小田野純一】強烈な打球と持ち前の脚力で珍しい記録を生み出した。エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)は球団初となる3度の失策出塁。先発野手でただ一人ノーヒットだったが、出塁で存在感を示し、二回には犠飛を放って最低限の役割を果たした。

 五回に火を噴くようなライナーが三塁手を襲った。頭上に差し出したグラブから白球がこぼれてグラウンドを転々。安打でもおかしくない当たりだったが記録はエラーだった。

 七回は二塁手がゴロをつかめず失策で出塁。九回は三塁手正面へのゴロ。大谷の全力疾走に焦ったのか一塁への送球が高く、ジャンプして捕球した一塁手が着地する前にベースを駆け抜けると、記録はまたも失策だった。

 「結果として(塁に)出られて良かったと思う」。初の珍事にもいつも通り淡々と振り返った大谷には収穫と課題があった。

 収穫は追い込まれた状況での対応。前日よりボール球に手を出さず、フルカウントまで持ち込む場面もあった。二回の右犠飛は「追い込まれていた中で最低限の仕事はできたかな」と狙い通り外野まで運んだ。

 課題は打者有利のカウントで打ち損じたこと。五、七回は出塁したが、長打を期待できるカウントで内野手が触れる打球になってしまった。数少ない甘く入るボールを確実に捉えれば、打率は上昇していくはずだ。