久慈市侍浜町の美術施設あーとびる麦生(むぎょう)(熊谷行子理事長)は29日、入館者2万人を達成した。今年は開館10年目。関係者は今後のさらなる飛躍を誓った。

 2万人目となったのはいとこ同士で訪れた久慈中2年の大鹿糠悠正(ゆうせい)さん、久慈小6年の大鹿糠光莉(ひかり)君、同4年の大粒来花鈴(かりん)さん、同2年の大粒来仁那(にな)さん。スタッフが拍手で迎える中くす玉を割り、熊谷理事長(75)の制作した油絵が贈られた。光莉君は「あーとびるには何度か来ていて、びっくりしたけれどうれしい。絵も大切に飾りたい」と喜んだ。

 同施設は閉校となった小中併設校を活用し、2010年に開館。体育館や教室を展示室として使っている。入館は無料で、運営は住民有志がボランティアで行っている。