29日の県内は、梅雨前線の影響で雨となった。一関市舞川のみちのくあじさい園(伊藤達朗園主)では、みちのくあじさいまつり(実行委主催)が開幕し、見頃を迎えたアジサイが来園者を楽しませている。

 約15ヘクタールの園内で約400種、約4万株を栽培。ヤマアジサイやヒメアジサイなどを目当てに多くの観光客が訪れた。仙台市青葉区の会社員松原弘幸さん(28)と会社員丸山里紗さん(27)は「感動した。たくさん写真を撮った」と満喫した。

 まつりは7月28日まで。期間中は琴の演奏や郷土芸能などの催しも予定する。