【福岡市で運動部・斉藤大樹】陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権第3日は29日、福岡市の博多の森陸上競技場で行われ、男子200メートル予選で、100メートルとの2冠を狙うサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)は20秒84で3組1着となり30日の決勝に進んだ。小池祐貴(住友電工)は20秒62の1組1着、桐生祥秀(日本生命)は2組2着で通過。飯塚翔太(ミズノ)は途中棄権した。

 男子400メートル障害は安部孝駿(ヤマダ電機)が2020年東京五輪の参加標準記録を破る48秒80で2年ぶりに制した。女子100メートル障害は木村文子(エディオン)が13秒14で6度目の優勝。2人は世界選手権代表に決まった。

 本県関係選手は、男子110メートル障害の石川周平(富士通、花巻北高-筑波大-筑波大院)が準決勝で13秒51をマークし、全体2位の記録で30日の決勝に進出した。女子200メートルで前回3位の山田美来(日体大2年、盛岡誠桜高)は24秒67で予選敗退した。