楽天の銀次が今季初本塁打を放った。1-1の四回に先頭打者として打席に立ち、涌井の甘く入った速球を右翼スタンドへ運んだ。「体がうまく反応した。コンパクトに振り抜くことができた」と淡々と振り返った。

 五回に追い付かれたために勝利にはつながらなかったが、13試合ぶりに打点を挙げた28日に続く、連日の活躍だった。「いろんなタイミングの取り方をしている。投手に合わせてやっている。いい感じ」とうなずいた。