2020年東京五輪の聖火リレー県準備委は7月1日から、県内のリレー(6月17~19日)のランナーの公募を始める。募集は33人。同委は「復興支援への感謝と未来への決意を持った人に集まってほしい」と応募を呼び掛ける。

 ランナーは1区間200メートルを走る。本県は現在28市町村で実施予定。日時と場所は最終的に東京2020組織委が指定する。

 応募は自己PRや応募動機、第三者の推薦理由(各400字程度)などが必要。準備委は選考の基本的な考え方として▽諦めずに困難に立ち向かう▽人との違いを認め合いながら新たなものに取り組む▽新たな地域ブランドの構築に貢献―などの人物像を挙げる。

 要件は▽誕生日が08年4月1日以前▽県内にゆかりがある▽自らの意思で火を安全に運べる―など。応募はインターネットの募集専用ページか応募用紙を準備委(県スポーツ振興課)に郵送する。リーフレットは市町村役場などに順次置く予定。当選発表は12月以降で、当選者に通知が届く。

 締め切りは8月31日。問い合わせは7月1日~9月2日に事務局コールセンター(0570・550340)で受け付ける。