2019.06.28

遠野広華会創立 50周年祝い式典

持続可能な地域づくりへの貢献を誓う新里佳子会長
持続可能な地域づくりへの貢献を誓う新里佳子会長

 岩手日報遠野広華会(新里佳子会長、24会員)は27日、遠野市新町のあえりあ遠野で創立50周年記念式典を行い、会のさらなる発展と地域貢献を誓った。

 会員ら約60人が出席。新里会長は「災害が多発する昨今、人と人とのつながりを大切にする平時の活動が重要になっている。地域にある宝を共有し交流を深め、持続可能な地域をつくっていきたい」とあいさつした。

 同市の本田敏秋市長と岩手日報広華会連合会の玉山哲会長、岩手日報社の東根千万億(ちまお)社長が祝辞を述べた。

 同会は1969年10月28日創立。式典に先立ち総会を開き、本年度事業計画案など2議案を承認した。