日本ラグビー協会は27日、ユニバーシアード夏季大会(7月・ナポリ=イタリア)の7人制日本代表を発表し、女子は日本代表の実績を持つ平野優芽主将や堤ほの花(ともに日体大)、長田いろは(立正大)ら12人が選ばれた。男子は日本代表歴がある野口宜裕(専大)らが選ばれ、南昂伸(大東大)と仁熊秀斗(筑波大)が共同で主将を務める。本県関係選手は男子の川崎清純(関東学院大2年、盛岡工高)がメンバー入りした。