県選管は26日、盛岡市内丸の県公会堂で、任期満了に伴う知事選、県議選(9月8日投開票)に関する市町村選挙事務担当者会議を開き、今後の事務手続きを確認した。

 県、市町村の約60人が参加。県選管の小原由香書記長は「事務量が膨大で内容も複雑化しているが、緊張感を持って適正に事務を執行してほしい」と呼び掛けた。

 県選管の担当者が事務日程やポスター掲示の注意点、投票用紙の取り扱いなどを説明。投票の効力判定については、的確かつ迅速な作業のため、事前の判例研究や打ち合わせを入念に行うよう促した。