2019.06.26

きょう夏の高校野球県大会抽選

101回大会で選手宣誓を務めることが決まった盛岡一の千葉浩気主将=26日、盛岡市・キャラホール
101回大会で選手宣誓を務めることが決まった盛岡一の千葉浩気主将=26日、盛岡市・キャラホール

 第101回全国高校野球選手権岩手大会の組み合わせ抽選会は26日午後1時から、盛岡市永井のキャラホールで行われる。新元号・令和初の甲子園出場を目指し、66チームの対戦相手が決まる。

 春王者の花巻東は第1シード、盛岡四が第2シードに入る。第3シードはセンバツ出場の盛岡大付、第4シードは専大北上となっている。一関学院、一関一、久慈、久慈東と一関勢2校、久慈勢2校が残るシード枠に入る。

 注目のエースを擁する大船渡など、今大会はノーシードにも実力校が多い。混戦が予想され、組み合わせにも関心が集まっている。

◇     ◇

 岩手日報社は、第101回全国高校野球選手権岩手大会の組み合わせ抽選会をホームページ(HP)で速報します。

 

高校野球岩手大会組み合わせ速報

◎はシード校
県=盛岡市・県営球場
花=花巻市・花巻球場
森=金ケ崎町・森山総合公園球場
 
「県北3校連合」は、軽米、大野、種市の連合チーム
「水沢農・翔南・雫石」は、水沢農、北上翔南、雫石の連合チーム
「山田・宮古水産」は、山田、宮古水産の連合チーム

 


「特命記者」高校野球の情報募集します

 連載中の「特命記者 あなたの疑問、徹底解明」は、7月11日開幕の第101回全国高校野球選手権岩手大会の開催期間中、特別企画「特命記者 高校野球、徹底解明」を展開します。会員制交流サイト(SNS)などで寄せられた高校野球に関する疑問や、選手やチームのエピソードなどを記者が取材し、記事化します。読者の皆さまからの情報提供をお待ちしています。