ラグビーワールドカップ(W杯)釜石開催実行委は25日、試合当日に釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムへ観客を運ぶライナーバスやシャトルバスの予約を開始する。自家用車の乗り入れができないため、実行委は予約を呼び掛けている。

 ライナーバスはスタジアムまでの直通で、いわて花巻空港とJRの盛岡、新花巻、北上、水沢江刺、一ノ関、宮古、盛の各駅を発着する。片道1人千円。

 公設駐車場とスタジアムをシャトルバスで結ぶ「パークアンドライド輸送」の駐車場予約も開始する。駐車場は大槌町と遠野市、釜石市平田地区の3カ所。車両1台当たり千円で、シャトルバスは無料となる。

 市内シャトルバスはスタジアムと釜石市民ホール、シープラザ釜石を結び、1人1日500円。

 特設サイト「いわて・釜石ラグビー情報」で予約する。締め切りはライナーバスが試合日1週間前、その他は試合前日。釜石市では9月25日にフィジー-ウルグアイ、10月13日にナミビア-カナダの試合を行う。