プロ野球マイナビオールスターゲーム2019のファン投票の最終結果が24日、発表され、セ、パ両リーグ最多の53万1187票をパ一塁手部門で集めた西武の山川穂高(富士大)ら23人が選ばれた。セ三塁手部門では高校出2年目の19歳の村上(ヤクルト)が選出された。

 セの最多は外野手部門で48万5526票の鈴木(広島)だった。新人ではセ外野手の2位で近本(阪神)がただ一人、選ばれた。

 先発投手部門はセから大瀬良(広島)、パから千賀(ソフトバンク)が選出された。チーム別では阪神、ソフトバンク、西武の3人が最多だった。

 選手間投票の結果は27日、監督推薦による出場選手は7月1日、プラスワン投票の結果が同9日に発表されて全メンバーが出そろう。オールスターゲームは7月12日に東京ドームで第1戦、同13日に甲子園球場で第2戦が行われる。