第44回東北馬力大会馬の里遠野大会(実行委主催)が23日、遠野市宮守町の柏木平優遊広場特設会場で開かれ、人馬一体の白熱したレースを繰り広げた。

 青空が広がる中、北海道や東北各地の力自慢の馬たちが27頭集結。そりに載せた重りを引きながら、二つの坂道を含む150メートルの直線コースを駆け抜けてタイムを競った。

 最大の見せ場となった高さ2・5メートルの坂に差し掛かると観客からは「頑張れー」と大声援。矢巾町南矢幅の農業藤原行男さん(68)は「何度も見に来ているが、力強い馬たちの迫力に圧倒される」と食い入るように観戦した。