盛岡市の盛岡南ロータリークラブ(菅原隆一郎会長)と中津川勿忘草(わすれなぐさ)を育てる会(越戸国雄会長)は23日、同市の富士見橋たもとの中津川河川敷で雑草駆除を行った。

 会員や盛岡四高ハンドボール部の生徒ら約60人が参加。外来種のオオハンゴンソウや石垣に生えた雑草をスコップや草刈り鎌で取り除いた。参加者は蒸し暑い中、汗を拭いながら作業に励み、45リットルの袋で25袋分集めた。

 雑草駆除は在来種のワスレナグサの保護や中津川周辺の環境維持のため、2006年から行っている。