陸前高田青年会議所(村上英将(ひでかつ)理事長)は22日、陸前高田市小友町の両替漁港で、カキの養殖いかだ作りイベント「気仙杉と広田湾~巡りゆく自然の恵み」を開いた。参加者は地元の基幹産業や海と山のつながりに理解を深めた。

 市民や同会議所会員ら約40人が参加した。同市小友町のマルテン水産(千田勝治代表)の社員の手ほどきを受け、いかだ作りやカキの種付けに挑戦。漁場見学や蒸しがきの試食も楽しんだ。