遠野市青笹町の住民有志でつくる、わいわい館かだるべ会(佐々木定則会長、19人)は22日、子ども食堂のわいわい食堂を開設する。毎月1度を目標に手作りの食事を提供。地域ぐるみで子どもを見守り、育てる温かな空間をつくる。

 食堂は同会の拠点交流施設青笹わいわい館かだるべ内に開設。同日は午前11時半~午後1時半にカレーライスとスープ、デザートなどのメニューを最大30人分用意し、中学生以下には無料提供する。来場者にアンケートし、メニューや運営の参考にする。

 調理は50~60代の女性会員12人が交代で担当し、随時ボランティアも募集。運営資金の一部には県と市の補助金計50万円を充てる。問い合わせは青笹地区センター(0198・62・2836)へ。