ラグビーワールドカップ(W杯)2019釜石開催実行委(委員長・達増知事)は21日、宮古市宮町のイーストピアみやこで外国人おもてなしセミナーを開いた。市内の飲食、宿泊、交通事業者ら約100人が、外国人観光客をもてなす心構えや注意点を学んだ。

 外国人おもてなしツールの「いわての10手」を考案したいわて・かまいしラグビー応援団公式アドバイザー村尾隆介さんが▽臨機応変に対応する▽撮影を求められたら楽しそうに写真に写る|など七つのポイントを紹介し、「東日本大震災で世界中から支援してもらった。この機会に感謝を示しましょう」と訴えた。