県町村会(会長・山本賢一軽米町長)は20日、2020年東京五輪の聖火リレーのルートに軽米、西和賀、葛巻、九戸、住田の5町村が含まれなかったことを受け、大会組織委員会にルートの再検討を求めるよう県に要望した。

 山本町長と副会長の鈴木重男葛巻町長が県議会棟で、県文化スポーツ部の菊池哲部長に達増知事宛の要望書を手渡した。

 山本町長は「(聖火リレーが)通らない地域の気持ちに寄り添った対応をお願いしたい」、鈴木町長は「県が掲げる幸福に格差があっては幸福感は得られない」と強調した。

 聖火リレーのルートは1日、東京五輪・パラリンピック組織委員会が概要を公表。県によると、県は組織委に全県が被災地との認識で全市町村での実施を求めていた。