渡辺博道復興相は20日、陸前高田市を訪問し、東日本大震災からの復興状況を視察した。渡辺氏は国の復興・創生期間(2016~20年度)以降の対応について「各種事業を検証し、どうするかを本年中に示したい」との見通しを示した。

 渡辺氏は同市気仙町の高台から土地区画整理事業が進む今泉地区を視察。戸羽太市長から復興完遂までの支援継続など3項目を求める要望書を受け取った。

 渡辺氏はかさ上げ地で未利用地が多くなっている問題について「具体的ニーズを踏まえ、自治体が考える土地利用を支援する」と述べた。