20日の県内は高気圧に覆われて晴れ、上空に寒気が入った午後は山沿いで一時雨となった。あやめまつりが同日開幕した平泉町平泉の毛越寺(藤里明久貫主)では、ハナショウブが咲き誇り、初夏の境内に彩りを添えている。

 浄土庭園の大泉が池周辺に広がるあやめ園には、300種3万株のハナショウブが植えられている。参拝客は紫や白、黄の花を観賞。盛岡市みたけの沢口英男さん(75)は「5年ほど通っているが、今年はとりわけきれい」とカメラを構えた。

 まつりは7月10日まで。26日まで写経・写仏会を開き、30日には国指定重要無形民俗文化財の延年舞を上演。7月7日には子供写生大会を開く。