一関市千厩町小梨出身の元高校教員で宮沢賢治研究家の故吉田精美(せいみ)さん(1928~2016年)の写真展が19日、同市東山町の石と賢治のミュージアム(菅原淳館長)で開幕した。岩手山や七折の滝など、賢治ゆかりの景色を美しく切り取った17点を展示している。

 吉田さんは花巻南高勤務時代、進路指導で生徒に郷土理解を勧めたことから自らも賢治の世界に没頭したとされる。元同僚で同ミュージアム協力研究員の原子内貢さん(77)=奥州市水沢姉体町=らが企画し、同ミュージアムでは初めて開催した。

 大きく露出した泥岩層と川の水のコントラストが印象的な代表作「イギリス海岸」のほか、山や滝などあらゆるジャンルから厳選した作品を展示する。

 7月15日まで。午前9時~午後5時。原則月曜休館。入館料は大人300円、高校・大学生200円、中学生以下無料。問い合わせは同ミュージアム(0191・47・3655)へ。