2019.06.19

岩手日報紫波広華会が総会

 岩手日報紫波広華会(佐々木盛雄会長、25会員)は18日、紫波町小屋敷のラ・フランス温泉館で本年度通常総会を開き、任期満了に伴う役員改選で全員を再任した。

 岩渕真幸岩手日報社取締役販売・広告事業担当、作山充岩手日報社広告事業局長、会員ら約30人が出席。佐々木会長は「昨年、創立50周年を迎え、今年から新たな歴史を刻む取り組みにしたい」とあいさつ。本年度事業計画案と予算案を承認した。

 岩手日報社の鈴木義孝編集局NIE・読者部長が「新聞で伸ばす仕事力 岩手日報のNIB」と題して講演した。

 会長以外の役員は次の通り。

 ▽副会長 岡崎俊子(岡崎建設)▽理事 大野晴久(ヒノヤ商事)熊谷徳夫(紫波印刷)阿部英夫(岩手阿部製粉)伊藤政之(マルショウ紫波)田森大延(たもり)▽会計監事 岩泉淳(岩手ゴルフ)▽顧問 横沢大造(月の輪酒造店)田森悠太郎(盛岡南ショッピングセンターナックス)