18日の県内は気圧の谷や湿った空気の影響で晴れや曇りとなった。一戸町中山の農業山下達也さん(55)の畑ではレタスの収穫が最盛期を迎えている。

 気温が上がる前に収穫しておいしさを保つため、午前4時から作業。白い息を吐きながら家族4人で、朝露にぬれてきらめく緑色のレタスを1個ずつ丁寧にケースに詰めた。山下さんは「小雨の影響が心配だったが、例年よりも良い出来。レタスの白い部分がみずみずしい今が一番良い時季」と太鼓判を押す。